地方(ふるさと)で生まれ育った子どもたちは、その地方(ふるさと)の自治体の税収で教育・医療などの行政サービスを受けて成長します。

 

ですが、その後、地方(ふるさと)の自治体で生まれ育った子どもたちが、進学、就職などで都会へ移り住む事が多くなってます。

 

すると、その子どもたちは、都会の自治体に税金を納める事になります。

それに対し、地方(ふるさと)自治体は、その分の税収はなくなります。

 

それを緩和させるために考えられたのが「ふるさと納税」です。

都会の自治体に、かたよって納められる予定の税金分を、地方(ふるさと)に寄付して、地方(ふるさと)自治体を活性化するのが目的です。

 

© 2018 ふるさと納税ガイド rss